名物に旨いものあり

三方六(さんぽうろく) を実食
三方六
北海道銘菓 三方六
Home > 道東の名物
/ クチコミ
(株)柳月
北海道帯広市大通南8丁目15

名称:菓子
品名:北海道銘菓 三方六
原材料:鶏卵、砂糖、バター、小麦粉、植物油脂、全脂粉乳、ココアバター、洋酒、乳化剤(大豆由来)、カカオマス、膨張剤、香料(オレンジ由来)

三方六

(北海道)

 三方六は、北海道の白樺を模して作られたバウムクーヘンであり、北海道・帯広の銘菓なのである。時に、北海道を旅していると、酪農の農場があちこちで見かけられ、やはり北海道は酪農が盛んなのだな~と改めて思ったりするもの。なので、お土産にも乳製品を使ったものが多く、この三方六にも使われるホワイトチョコなども、その一つなのである。


 見るとバウムクーヘンのまわりに、ホワイトチョコがコーティングしてあり、白樺模様を出すためにチョコレートもマダラにかけられている。ほうほう、バウムクーヘンに、チョコレートとホワイトチョコと来たもんだ~。が、今回のはチョコレートがちょっと少ないような‥。

 で、食べてみると、ホワイトチョコが前面に出てきて、どちらかというと子供・女子向けのお菓子に近い感がある。それゆえ、バウムクーヘン独特の何層もの焼き目の香りが薄れている、とも言えなくも無い。

 うーん、ホワイトチョコを使ったお菓子は、とっても難しい。酪農の国・北海道の悩ましさも感じられる逸品であるね~。でも、ホワイトチョコが好きな人には喜ばれるのだろう。‥ホワイトチョコが苦手な者が書いていて申し訳ない。あとは、初めから切ってあり、会社や自宅で分け易いようになっているのよ~。

メモ)
 どうやら地元の本店では、バウムクーヘンの両端の”切り落とし”を袋に詰めて販売しているらしく、それが激レア商品として人気で、いつも行列ができるのだとか。
©名物に旨いものあり 2005-18rw