名物に旨いものあり

シシャモ を実食
ししゃも
↑シシャモ
シシャモ焼き
↑シシャモ焼き
カラフトシシャモ
↑カラフトシシャモ
Home > 道東の名物
/ クチコミ
鵡川漁業
北海道勇払郡むかわ町汐見751番地

漁期:10~11月

シシャモ

(北海道)

 シシャモは、酒の肴やご飯のおかずに最高で、居酒屋のメニューでシシャモを見かけると、つい食べたくなってしまうね。そして今までに何度も食べた身近な魚。しかーし、普段居酒屋などで出されているシシャモは、シシャモではない。そう、キャペリン(太平洋北部~大西洋北部に生息)という魚で、日本では一般的にカラフトシシャモと呼ばれているものなのだ。

 一方、シシャモは日本固有の魚で、北海道の南東部の太平洋沿岸でしか漁獲されておらず、なんと、鮭のように産卵のために川に遡上するそうで、大体1~2年で成熟して川に戻るそうな。ちなみにキャペリン(カラフトシシャモ)は一生、海で過ごすという。

 というわけで、シシャモとキャペリンは別の魚なのである。右の写真でも分かるように、見た目には、かなり違いがあるが、たぶん居酒屋で出されたら、見分けがつかないだろう。写真から分かるのは、シシャモの方が(たまたまかも知れないが)肉付きが良いことと、皮というかウロコというか、そこが網目状に見える。


 シシャモをグリルで焼いてみると、これがアブラがポタポタとしたたり落ちるではないか。

 メス)
 ありゃ、今まで食べていたものより、やっぱり肉付きがよいなー。卵が無いと思ったが、よく見ると(カラフトシシャモに比べると)かなり小さい白い卵が入っていた。まだ成魚になっていないのか、それともこれが成魚なのか分からない。
 オス)
 むー、こりゃ、メスと味が違うなー。こっちの方が旨い。上品というか、微妙な風味である。やっぱり、七味唐辛子&マヨネーズに付けて食べると旨いね。次に醤油だけ付けて食べてみると、自然の味に近い気がした。

 今まで食べていたカラフトシシャモと、どう違うかというと(たまたまかも知れないが)肉付きがよいことと、品質管理が良いためか、生臭さも少ない。確かに、姿かたちと香りと風味は、そっくりであった。イワシを小さくした姿なのだが、なぜかシシャモには独特の風味があるんだよねー。

メモ)
 シシャモの季節になると、地元ではシシャモ鍋などのシシャモ料理が多く食べられ、また地元料理店にはシシャモ(フライとか色々)目当ての観光客が沢山訪れ、賑わうそうな。なかでもシシャモの寿司がおいしいとか。

 シシャモは資源を守るため漁期が40日(11~12月)と制限され、しかも午前中だけの漁となっている。毎年この時季には、現地のあちこちに、シシャモを干したすだれがお目見えするという。
©名物に旨いものあり 2008-16
投稿へ

シシャモ(北海道)


  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)

コメント

軒先にシシャモのすだれ むかわ町 秋の風物詩

 シシャモの産地として知られる日高管内むかわ町で、秋の風物詩の「すだれ干し」が始まった。10月に漁が解禁されたのを受け、町内の専門店では、すだれのように並べてつるしたシシャモが軒先を飾り、立ち寄る客の目を楽しませていた。

 同町のカネダイ大野商店では、シシャモの口にヨシの茎を通し、半日ほど陰干しに。生でも味わえるが、乾燥するとうま味が凝縮されるといい、店主の大野秀貴さん(42)は「ふわりとほぐれる食感とともに楽しんでほしい」と太鼓判を押す。

 今年は豊漁で身も大きく、産卵で川を遡上する前の10月下旬が最もおいしくなるという。すだれ干しは、11月下旬まで続く。

(投稿者 匿名 さん / 2016年10月16日)

新釧路川水試調査 シシャモ資源量が充実、仔魚は2番目の多さ

 4~5月に新釧路川を下る、生まれたてのシシャモの仔(し)魚数が過去2番目に多いことが、道立総合研究機構釧路水試(釧路水試)の調査で分かった。水温の高さから今年のふ化のピークは4月上旬で、担当者は「海での稚魚の生き残りが今後の漁獲量を左右するが、今の時点で資源量が多いのは一安心」と話している。

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月15日)

 紋別沖でも漁獲されるキュウリウオを観察しながら、形と色が良く似ているシシャモとの違いを探った。
 最初に比較したのは尻ビレで、シシャモは丸くキュウリウオは直線的になっているのが大きな違い。

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月18日)

シシャモ漁始まる むかわなどで初水揚げ

 【むかわ】「鵡川ししゃも」などで有名な秋の味覚、シシャモ漁が2日、苫小牧、厚真、むかわ沿岸で解禁となり、初水揚げされた。浜は銀色に輝くシシャモがぎっしりと詰まった箱を運ぶ漁業者らで活気づいた。

 午前6時すぎ、鵡川漁協所属の漁船27隻が、鵡川漁港と厚真町の浜厚真漁港から出港。袋状の「こぎ網」を使って操業した。初日は、不漁だった昨年の5倍にあたる3155キロが水揚げされた。浜値は1キロ当たり平均1619円と、ほぼ昨年並みだった。

 魚体は15センチ以上の大型が目立ち、鵡川シシャモ漁業部会船団長の高際克倫さん(32)は「量は少なめだが、大きさはまずまず。今後、海水温が下がり、漁獲量が安定してくれれば」と期待を込めた。

 苫小牧では苫小牧漁協所属の4隻が出漁し、水揚げは昨年より4割少ない162キロ、浜値は1キロ当たり平均1411円だった。

 漁のピークは毎年10月末ごろで、11月上旬まで続く。

(投稿者 すめあぐる さん / 2010年10月04日)

2008年シシャモ6割減 胆振と日高で漁が終了 不漁の昨年下回る。

胆振管内と日高管内の今年のシシャモ漁がこのほど終了し、水揚げ量は「鵡川ししゃも」で全国的知名度を誇る鵡川漁協が、前年比64%減の27.9トンで1995年以降で最低となったほか、日高管内も、同60%減の50.7トンにとどまった。苫小牧漁協も同61%減の2.7トンしかなく、関係者を嘆かせている。

1キロあたりの平均単価は、品薄のために鵡川漁協が前年比約2倍の2,635円、苫小牧漁協が約3倍の2,749円、日高管内が約1.5倍の1,486円と高騰した。

シシャモ資源の回復を目指す胆振管内ししゃも漁業振興協議会は、むかわ町の鵡川河口で展開するふ化事業を、今年度は断念することに決めた。19日夜に親魚の捕獲を目指したものの、2度にわたる作業で1匹も取れず、「見通しが立たない」と判断した。今季は著しい不漁に見舞われただけに、関係者は不安を募らせている。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん / 2008年11月25日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。