北海道の名物、シシャモ
ししゃも
↑シシャモ

↑シシャモ焼き

↑カラフトシシャモ
Home > 道東の名物
/ クチコミ
鵡川漁業
北海道勇払郡むかわ町汐見751番地

漁期:10~11月

シシャモ

(北海道)

 シシャモは、酒の肴やご飯のおかずに最高で、居酒屋のメニューでシシャモを見かけると、つい食べたくなってしまうね。そして今までに何度も食べた身近な魚。しかーし、普段居酒屋などで出されているシシャモは、シシャモではない。そう、キャペリン(太平洋北部~大西洋北部に生息)という魚で、日本では一般的にカラフトシシャモと呼ばれているものなのだ。

 一方、シシャモは日本固有の魚で、北海道の南東部の太平洋沿岸でしか漁獲されておらず、なんと、鮭のように産卵のために川に遡上するそうで、大体1~2年で成熟して川に戻るそうな。ちなみにキャペリン(カラフトシシャモ)は一生、海で過ごすという。

 というわけで、シシャモとキャペリンは別の魚なのである。右の写真でも分かるように、見た目には、かなり違いがあるが、たぶん居酒屋で出されたら、見分けがつかないだろう。写真から分かるのは、シシャモの方が(たまたまかも知れないが)肉付きが良いことと、皮というかウロコというか、そこが網目状に見える。


 シシャモをグリルで焼いてみると、これがアブラがポタポタとしたたり落ちるではないか。

 メス)
 ありゃ、今まで食べていたものより、やっぱり肉付きがよいなー。卵が無いと思ったが、よく見ると(カラフトシシャモに比べると)かなり小さい白い卵が入っていた。まだ成魚になっていないのか、それともこれが成魚なのか分からない。
 オス)
 むー、こりゃ、メスと味が違うなー。こっちの方が旨い。上品というか、微妙な風味である。やっぱり、七味唐辛子&マヨネーズに付けて食べると旨いね。次に醤油だけ付けて食べてみると、自然の味に近い気がした。

 今まで食べていたカラフトシシャモと、どう違うかというと、(たまたまかも知れないが)肉付きがよいことと、品質管理が良いためか、生臭さも少ない。確かに、姿かたちと香りと風味は、そっくりであった。イワシを小さくした姿なのだが、なぜかシシャモには独特の風味があるんだよねー。

メモ)
 シシャモの季節になると、地元ではシシャモ鍋などのシシャモ料理が多く食べられ、また地元料理店にはシシャモ(フライとか色々)目当ての観光客が沢山訪れ、賑わうそうな。なかでもシシャモの寿司がおいしいとか。

 シシャモは資源を守るため漁期が40日(11~12月)と制限され、しかも午前中だけの漁となっている。毎年この時季には、現地のあちこちに、シシャモを干したすだれがお目見えするという。
©名物に旨いものあり 2008-16