神奈川の名物、月のうさぎ
月のうさぎ
月のうさぎ
Home > 神奈川の名物
㈱菜の花
神奈川県小田原市南町1-5-22

名称:生菓子
商品名:月のうさぎ
原材料:栗甘露煮(栗、砂糖)、砂糖、小麦粉、大手亡豆、卵、小豆、麦こがし、メープルシュガー、水飴、塩、コーンスターチ、トレハロース、重曹、着色料(くちなし)

名称:生菓子
商品名:月の黒うさぎ
原材料:渋皮栗甘露煮(栗、砂糖)、砂糖、小麦粉、大手亡豆、卵、小豆、麦こがし、水飴、塩、トレハロース、重曹

消費期限:届いた時点で5日

保存方法:直射日光を避け、涼しい所で保存(9月初旬、季節のせいか要冷蔵に)

月のうさぎ

(小田原)

 小田原のお土産・手みやげといえば、定番なのが和菓子の老舗「菜の花」だと、誰かが言っているのを聞いた。そのお店は地元で30年続き、今では老舗的な存在に。また、小田原を中心に、横浜から箱根まで十数店のお店を展開しているらしい。して、今回は多数ある看板商品のなかから、最も勧められたような気がした「月のうさぎ」を頂こうと‥。


 それらしい絵が描かれた紙箱を開けてみると、おっと、中はまあ普通のたたずまい。ちゅうか、今回のは「月のうさぎ」と「月の黒うさぎ」のセット商品でして。

 まずは最初に目についた、黒まん(月の黒うさぎ)を‥。と、口に入れた途端、外側からあの”麦こがし”の香りがプワーンと漂い、かじると外皮がネットリ食感、次にあずきあん、最後にホクホク・シットリの甘栗が現れた。なんちゅうか、これ一口で3つ4つの味が楽しめる、不思議なまんじゅうなんだな~。で、特筆すべきは、この”麦こがし”。それを知る者にとっては懐かしく、初めての人には新鮮な、そんな風味の素材なんじゃよ。

 え~と説明を見たら、渋皮丸ごとの栗が入っているとな~(後日2個めを食べたら、この渋皮の渋みが感じられ、それがまたおいしいと)。あ、そうそう、こちらは見ての通り、袋を開けると黒い粉粉が飛ぶこと間違い無し。どんな手練(てだれ)でも‥。

 次、白まん(月のうさぎ)を‥。うん?、こちらは麦こがしが振りかけられていないような‥(でも説明には使用されていると)。あとは黒まんと同じように思えたが、こちらは渋皮は付いていない模様。まあ、これ単独で食べれば、これで十分なのだが、黒まん(月の黒うさぎ)の後だと、味劣りするかも~。

 ‥まとめると、かなり濃厚な味わいと食感のお菓子で、一人一個で十分な満足感あり。
©名物に旨いものあり 2017