北海道の名物、月寒まんじゅう
月寒まんじゅう
月寒まんじゅう・くるみ餡入
Home > 道央の名物
(株)ほんま
北海道札幌市豊平区月寒東2条3丁目2-1

名称:和菓子
品名:月寒まんじゅう(くるみ餡入)
原材料:こしあん、砂糖、小麦粉、鶏卵、水飴、クルミ、バター、練乳、コーンスターチ、重曹、香料
月寒まんじゅう (北海道)

 月寒まんじゅうの「月寒」とは、いったいなんぞや?と思っていたところ、札幌にある地名に由来するものであった。本来は月寒アンパンの方が有名で、それにちなんだアンパン道路という道があり、ちゃんとその名前の碑もあるのだという。思い起こせば明治の世、その地に駐屯する連隊の兵隊たちを目当てに数軒のアンパン屋が店を連ねた、そのことが始まりらしい。

 実は何も知識なしで買いに行ったもので、店頭に「月寒まんじゅう」と「月寒あんぱん」が並んでいて、なんとなく「月寒まんじゅう」の方を買ってしまったのだよね。でも中身はアンパンのようなんだけど‥。


 茶色の饅頭の表面の中心には、丸の中に木の絵が描いてあるような気がするのだが、HPを見ると北海道の絵にも見えてくる。匂いをかいでみると、チョコレート系のそれで、食べてみると、中は小豆系のあんなのだが、なんか違うような。ちょっと、シャキシャキッとする部分があるが、これはおそらくクルミなのかなー。

 まとめると、この饅頭はどう食べてもチョコマンの味がする。バターとクルミのせいなのであろうか。なんか知らんが、まろやかな味わいで、結構うまい。どこを見てもパンの姿かたちなのだが、頑固に饅頭と名乗っているのじゃよね。
©名物に旨いものあり 2005-14