宮城の名物、浦霞禅
浦霞禅
浦霞禅 720ml
Home > 宮城の名物
/ クチコミ
蔵元:(株)佐浦
宮城県塩竈市本町2-19

等級:純米吟醸
アルコール度数:15°~16°
杜氏名:平野重一
水質:軟水
主使用米:トヨニシキ

浦霞禅

(宮城)

 仙台に(主に仕事で)やって来るお父さん達が、お土産に買って帰るお酒といえば、この「浦霞禅(うらがすみ・ぜん)」。というか、私の知り合いのオジサンがそうなのだった。それはまあ、仙台駅のお土産屋さんでよく見かけて、また目立つのが、このお酒だったりするからね~。あとは、お酒自体が旨いことはもとより、なんといっても、このパッケージが良いのじゃよ。また、大きさも程よい720mlだしね~。

 この化粧箱の禅画は、フランスへの輸出を考えて考案されたもの。その「浦霞禅」の書は、国宝・松島瑞巌寺の、前の住職、五雲軒・加藤隆房芳・老大師、画は禅画の淡川康一さんの作。

 それを造っている「佐浦」は、仙台市の近くの海沿い、塩釜にある酒造メーカー。仙台市には伊達家御用蔵の勝山酒造という立派なメーカーもあるのだけど~。


 まあ、普通におチョコで、冷で飲んでみた。と、普段は日本酒をあまり飲まない自分ではあるが、これはたぶん日本酒初心者にも飲みやすい、やさしいお酒なのじゃないかな~と。簡単にいえば、まろやかで癖が無い感じ。やはり何でも高いものは、それなりに旨いものさ。

 あまり変なことを書いても叱られるので、この辺でやめておこう。
©名物に旨いものあり 2004-17rw