名物に旨いものあり

若草 を実食
若草
不昧公御好 若草
Home > 島根の名物
/ クチコミ
(株)彩雲堂
島根県松江市八束町波入757

名称:菓子
品名:若草
原材料:米、砂糖、水飴、米粉、着色料(黄4、黄5、青1)

賞味期限:7日

若草

(島根)

 松江には、松江三大銘菓(若草、山川、菜種の里)というお菓子があるそうで、それは松江市内のお菓子屋さんで、競うように作られているのだとか。そして、なかでも有名なのが「彩雲堂の若草」「風流堂の山川」「三英堂の菜種の里」であるらしいが、春待ち遠しい2月末の今日は、この彩雲堂の若草を食べてみようかな~と‥。


 して、紙箱包みを開けてみれば、とっても鮮やかな緑色が現れ、それはまさに若草色。で、その和菓子を一つ取り出して半分に切ってみると、中は透明な求肥(ぎゅうひ)系の餅で、匂いは微かに落雁(らくがん)の香りがした。それから口の中におごそかに運んでみたら、外側はサクサク&シャリシャリの食感で、それはまさしく落雁のしわざ。で、中は柔らかくて葛餅にも近い感じの、思った通りの求肥餅であった。

 いや、これはマンザラでもないのだが、現代人には少しばかり甘すぎるような気も‥。うん、これはお茶が無いといけないな~。甘党の自分でも、さすがに2個食べるのはちょっと‥。そう、上品に一人に一個が丁度良いところ。茶の湯の席で、小さな和菓子が優雅に一個だけ出されるのをテレビで見かけるが、これなら一個で十分であるね~。

 いや、たぶん、茶の湯の茶菓子は、甘くなくちゃつまらないのかも~。
©名物に旨いものあり 2010-18rw
投稿へ

若草(島根)




コメント

出雲大社大遷宮記念、和菓子セット発売

 菓子製造販売の彩雲堂は5日、出雲大社「平成の大遷宮」を記念した生菓子商品「八雲山」を発売する。

 出雲大社の北側にそびえる「八雲山」を商品名にした。参道の松並木をイメージした「常盤(ときわ)」、神紋の亀甲を表した「万歳(まんざい)」、雲の模様を生地の表面にあしらった「吉祥」のこしあんや羊羹(ようかん)などの3点セット。

 販売期間は10月の毎週土、日曜日のみで毎週限定60箱、合計240箱を販売する。松江市など山陰両県や大阪市にある14店舗で扱い、同社のホームページでも注文を受け付ける。1箱1050円。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年10月21日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。