北海道の名物、白い恋人
白い恋人
白い恋人
名物に旨いものあり > 道央の名物
石屋製菓(株)
北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36

名称:チョコレート菓子
品名:白い恋人(ホワイト)
原材料:砂糖、卵白、小麦粉、全脂粉乳、ココアバター、植物性油脂、レシチン(大豆由来)、乳化剤、香料、食塩
白い恋人 (北海道)

 北海道の定番みやげ、「白い恋人」。今や、北海道観光をする外国人にも喜ばれる、人気のお土産にもなっているらしい。その名は、あまりに有名になったので、なんとも思わなくなってしまっているが、原点に帰ってみると素晴らしいネーミングだと気づく。どうしてこのお菓子に、そんな名前が付くのかなー。そういえば、「お口の恋人、ロッテ」というコピーもナイスであったね。

 北海道を代表するお土産なので、きっと食べたことがある筈なのだが、不覚にも、どんなんだったか忘れてしまったのさ〜、なので実食へ。


 包みを開けると、一口サイズの2枚のサクサクのクッキーが出てきて、それらが北海道特産のホワイトチョコの板を挟んでいる形。食べてみると、ホワイトチョトとクッキーが見事に調和する逸品で、(砂糖でもないような)シャリシャリする不思議な歯応えがある。旨いといえば旨いし、ホワイトチョコが好きではない自分には、そんなでもないような‥。まあ、人の好きずきなのだろう。

 「白い恋人」の名前と、外箱のパッケージには違和感は無いが、期待して開けて出てきたその姿には、ちょっとイメージダウンを感じなくもない。‥だが、なかなか売れているらしいから仕方がない。

メモ)
 ちなみに、このような軽くて口の中で溶けるような食感のクッキーをラング・ド・シャ(フランス語)と言うらしい。東京銘菓のヨックモックなどもそうであるそうな。
©名物に旨いものあり 2004-16