徳島の名物、うず芋
鳴門うず芋
本場鳴門名産 鳴門うず芋
名物に旨いものあり > 徳島の名物
(有)栗尾商店
徳島県美馬郡つるぎ町貞光字馬出47-10

名称:和生菓子
品名:うず芋
原材料:さつまいも、砂糖、はちみつ

日本三大芋の一つ、鳴門金時芋使用。機械に頼らず包丁で手切り、創業以来受け継ぐ蜜床あり
鳴門うず芋 (徳島)

 徳島名産の「うず芋」。うず芋って、いったい何なんだ。この「うず」には、何か意味があるに違いない。みなさん、そう思いませぬか?。という好奇心だけで、食べたくなってしまったのよん。


 買ってみて分かったのだが、この「うず芋」は「干しイモ」のように見えるがそうではなく、和の生菓子なのだそうだ。どうみても「干しイモ」であるが、そうじゃないと言うのだから(と書いてあったから)仕方が無い。”うず”は、瀬戸内海のうず潮から、(なんとなく)拝借したに違いないね。

 袋から取り出してみると、見た目はシットリとした干し芋の感じで、紫色の皮には砂糖がくっ付けられ、いかにも甘そうだ。一番大きい芋にかぶりついてみると、これがやっぱり甘い。お茶が必要である。旨いことは旨いが、なんだかんだ言っても、この芋自体が旨いのだと思う。

 余談であるが、大学芋など、もともと甘いサツマイモに砂糖をかけ、さらに甘くするのが、なんとも不思議にも思える。おそらくは、昔の甘く無いサツマイモを美味しくするために、やっていたことなのだろうね。

メモ)
 さつまいも(じゃがいも、里芋、山芋)には、意外なことにビタミンCが多く含まれている。その量はなんと柑橘類と同じ量なんだと(重量比)。しかも、加熱してもほとんど損なわれることがないというから有り難い。ん〜、わかめとジャガイモの味噌汁って、おいしいんだよね〜。
©名物に旨いものあり 2006-17rw